インクジェットアカデミー

InkJet Academy基礎コース

インクジェット技術をものづくり等の産業分野に応用する際に必要となるインクジェット基礎力を、確実に身に着けるためのプログラムです。
マイクロジェットが20年間に渡って蓄積してきた技術やノウハウを、講義や実験を通じて学びます。

InkJet Academyの特徴

  • インクジェット技術を体系立って学ぶことができる
  • ものづくり等の産業応用に特化したインクジェット技術の基礎を学ぶことができる
  • 実際にインクジェット機器を用いてインクジェット技術を体験できる
  • インクジェット実験の信頼性を高める技術・ノウハウを身につけられる

基礎コース 「産業応用のためのインクジェット技術」

インクジェット技術を理解するためには、流体力学、材料力学、物性から機械へと幅広い知識が必要です。
インクジェットについて系統立てて学び、なおかつ最新の情報を手に入れられるインクジェットアカデミーを開講いたします。今回は、基礎講座と題して「産業応用のためのインクジェット技術」を5回シリーズで開催します。

本コースでは、インクジェット技術をものづくりの分野等へ応用する上で、知っておくべきヘッドの基礎や液に求められるポイントに関して、最新の情報やノウハウを交えて学ぶ計5回シリーズのコースです。

日程
(全5日間)
2017年6月~9月
10:00~17:00(集合時間 9:45~9:55)
※開催日の詳細は下記「コース内容」参照
開催場所 マイクロジェット東京支社(東京都小金井市)
アクセス JR中央線「東小金井駅」南口下車 徒歩約10分
受講費用 1名 全5回シリーズ 600,000円(税別) 

※第1回開催前に5回分全額一括振り込みとなります。
※特定回のみの受講は150,000円/回(税別) 割引制度は適用外
※5回全てに同じ人が出席できない場合は、同じ部署内で別の方の参加も可能です。

割引制度

※同一会社同一部署の同時申し込み割引あり。2名様以降の受講料20%引き
※大学生(企業所属学生を除く)、教員の方は受講料20%引き。
※マイクロジェット装置ユーザーの方は参加人数によらず受講料は一律20%引き。
  上記割引は併用できません。

コース
内容

 第1回:自社の用途に最適なヘッドが選定できるようになる
  【各社産業用インクジェットヘッドの徹底理解】
  (実物観察、各ヘッドの吐出動画)


 【開催終了】2017年6月16日(金) 10:00~17:00 (休憩時間60分を含む)

産業用インクジェットヘッドとして世界で提供されている各社のヘッドの特徴、違いを徹底解説します。また、バイオ専用のヘッドについても解説します。これにより、自社の開発において目的に合致したヘッドの選定を行うことが可能となります。また既にヘッドを使っている場合は、その適合性が判断できます。


 第2回:安定吐出や長期信頼性を確保した液の作り込みを実現する
  【インクジェット吐出液材の開発と評価ノウハウ】
  (各種の液材を用いた吐出デモ)


 【開催終了】2017年7月7日(金)10:00~17:00 (休憩時間60分を含む)

液物性とインクジェット吐出特性との相関に関して解説します。インクジェットヘッドメーカーより開示されている仕様は幅広く、それと液物性がどのように関係するかを解説します。また、目的の吐出性能を得る上で、ポイントとなる液物性を解説します。


 第3回:目的とするパターン形成を実現する
  【インクジェット塗布における重要パラメータについて】
  (塗布パラメータを振ってのデモ実験)


 【開催終了】2017年8月4日(金) 10:00~17:00 (休憩時間60分を含む)

インクジェット塗布における設定パラメータと塗布結果との相関に関して詳しく解説します。これにより、目的とする塗布状態を得る上で必要となる塗布制御パラメータや制御方法について、実際の装置を使用して学びます。


 第4回:実験を効率的に進めるためのノウハウを習得する
  【インクジェットの研究開発で悩まされる様々なトラブルと対策】


 【開催終了】2017年9月1日(金) 10:00~17:00 (休憩時間60分を含む)

インクジェットの信頼性確保における課題の説明です。インクジェットを産業分野で応用する際の一番のハードルは信頼性の確保です。ここでは、実験装置を用いて、具体的に発生する様々な課題を経験してもらいながらその対策を学びます。


 第5回:実験を通して安定吐出を実現する方法を体得する
  【安定吐出を実現する駆動条件出し実験の体験】
  (実験体験)


 【開催予定日】2017年9月29日(金) 10:00~17:00 (休憩時間60分を含む)

実際に実験装置を使って、インクジェット吐出安定化方法を学びます。 信頼性を確保するためには、インクジェット安定吐出が非常に重要となります。この方法は、ノウハウとして今までどこにも記述されてきませんでした。実際に体験していただくことでこのノウハウを習得します。(なお、第5回目は各自1台装置を使用していただく関係で、4名ごとの開催となります。そのため、参加人数によって開催日が複数になります。)

※内容は、予告なく一部変更される場合があります

講師 山口 修一

専門はインクジェットヘッド、インク、インクシステム、インクカートリッジ、インクジェット信頼性技術、3Dプリンティング。インクジェット開発34年の経験。

工学博士
インクジェット&3Dプリンターコンサルタント
株式会社マイクロジェット 代表取締役社長
株式会社3Dプリンター総研 代表取締役
一般社団法人日本3Dプリンター協会 代表理事

他  講師1名

募集人数 8人 最少開催人数2人

お申し込み方法

  • 「セミナーお申し込み入力フォーム」より、お申し込みください。
    なお、参加にあたっては受講規約への同意が必要です。受講規約同意書の提出後、正式な受講のお申し込みとさせていただきます。
  • お申し込みの受領後に弊社より請求書を送付いたします。
  • 指定銀行口座に受講料をお振り込みください。
    受講料のお振り込み日やお支払い方法については、各社毎に個別に相談させていただきます。

内容詳細は別途お問合せください。内容は一部変更する場合があります。

液滴GlassJet PipeJet
ご相談・お問い合わせ先:株式会社マイクロジェット 技術営業グループ

※機密保持契約の有無にかかわらず、ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません。

◆ご注意

  • 受講料の返金は致しかねますので、ご都合が悪くなった場合は代理の方がご出席ください。
  • 同業者の場合や、その他の事情によりお申し込みをお受けできない場合があります。

▲ページの先頭に戻る