インクジェット研究はしたいが予算が限られているという方に朗報です。
それ以外にもこんなご要望にお応えするサービスを開始しました。

  • 各社のヘッドで液材をテストしたいので、装置を借りられないか
  • 装置を導入して本格的に研究を開始する前に、まず試しに実験したい
  • 使用頻度が低い装置はレンタルしたい
  • 実験を指導してくれる人についてもらって効率的に実験を進めたい

弊社ではアクセスのよい東京支社に、ほぼ全ての弊社インクジェット装置を 常設し、これらの最先端装置を時間単位でお貸出するレンタルラボサービスを開始 いたしました。 なお、インクジェット技術の研究開発においては、装置があれば研究が進むわけでは ありません。装置を使いこなすには高度なノウハウが必要です。 操作に関しては、プロのオペレータによるサポートサービスもございます。

レンタルラボ全景

レンタルラボサービス内容について

弊社では上記のご要望を実現するため、下記のような内容で装置のレンタルサービス を行っております。

レンタルラボサービス詳細
レンタル場所 東京農工大学 ベンチャーポート 弊社ラボ内
レンタル機器 NanoPrinter-900
LaboJet-600
LaboJet-600Bio
DropMeasure-1000
ImmunoJet-1000
IJK-200H
NanoJet
NeedleJet
DMP-2831 他
レンタル形態
  • ・弊社ラボ内にて機器を使用(ラボ外への貸し出しは別途ご相談下さい)
  • ・3時間以上1時間単位での貸し出し
  • ・装置の操作説明は初回レンタル時に詳細説明、指導
その他
  • ・弊社が所有する計測設備も同時にレンタル可能(例:膜厚測定器)
  • ・毎回、プロのオペレータを同席させての実験も可能(別料金)
  • ・他社と同時に使用することはありません 1社限定です

費用や利用規約等の詳細なご説明をご希望の方はまずは気軽に下記、技術営業グループまでお問い合わせ下さい。

レンタル装置_LaboJetレンタル装置_Dropmaesureレンタル装置_FemtoJetレンタル装置_NanoJet


レンタルラボお申し込み

※機密保持契約の有無にかかわらず、ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません。




ご相談・お問い合わせ先:株式会社マイクロジェット 技術営業グループ

▲ページの先頭に戻る