MICROJET代表取締役 山口 修一著書のご紹介


『2022― 10年後のものづくりのヒントがここにある』

(経営コンサルタント 神田昌典氏推薦!)


【著者紹介】
山口修一(やまぐちしゅういち)
インクジェットコンサルタント
株式会社マイクロジェット 代表取締役社長

1983年東京工業大学大学院終了後、エプソン(現セイコーエプソン)でインクジェットプリンターの開発や製品化に携わる。
1997年マイクロジェット社を設立し代表取締役に就任。企業や大学のインクジェット技術研究を支援する傍ら、
その普及のための講演活動も行う。



『インクジェット時代がきた!』―液晶テレビも骨も作れる驚異の技術―

インクジェット時代がきた!

アマゾンで購入する
インクジェットの歴史や基本原理の説明に始まり、様々な産業分野での研究や実用化の例が、実際の研究室やメーカー各社の取材を通して書かれています。現在の最先端のインクジェット技術の研究や応用状況をわかりやすく、且つ生の取材データで解説していますので、これからインクジェットをものづくりに応用したい方や現在の応用状況を知りたい方、そして自社の開発テーマのヒントにしたい方には、お勧めの1冊と言えます。

  • 出版元:光文社(光文社新書)
  • 発売日:2012年5月17日
  • 著 者 :山口 修一、山路 達也
  • 価 格 :740円(税別)
◆目次と内容
はじめに 傾きつつある日本のものづくり産業
序章 20世紀型ものづくりの終焉
  • モノに囲まれた私たちの暮らし
  • 自分だけのモノが欲しい!
  • 地球上の資源は無限ではない
  • 型を使わない新しい製造技術
  • 大流行したプリントゴッコ
  • 早く、安く、あなただけの一点モノを
第1章 インクジェットとは何か?
  • インクジェット以前のプリンター
  • インクジェットのルーツは19世紀
  • インクにくびれをつくって連続印刷‐コンティニュアス方式
  • ラインを流れるペットボトルに日付を印刷
  • 指示があったものをササッと印刷‐オンデマンド方式
  • 針を熱してインクを飛び出させるサーマル方式
  • スポイトのようにインクを押し出すピエゾ方式
  • レーザープリンターより効率的
  • デジカメ写真時代の到来
  • エプソンとキヤノン
  • 両方式とも一長一短
  • 微細な世界をコントロールする驚くべき技術
  • 小さなヘッドで上手に「ごまかして」印刷する
  • 大手メーカーによるラインヘッド開発戦争
  • 超微細化で注目を集めつつある静電式
  • インクジェットが備える5つの特徴
第2章 ケーキに印刷、家にも印刷
  • (1)印刷物をまるかじり‐食品業界
  • 調理室にプリンター
  • はじまりは「リンゴに印刷」
  • 多様な趣味嗜好に応える製菓店
  • 変わる、町のお菓子屋さん
  • (2)モード界に新革命‐アパレル業界
  • 最先端ファッションもプリンターで印刷
  • イタリアブランドの最新デザイン
  • 最新トレンドをショーに反映
  • デジタル捺染で加速するサイクル
  • 毎時1000平方メートルで印刷可能なテキスタイルプリンター
  • イタリア・コモ地区の伝統を活かした産業
  • オンデマンドの衣料品生産へ
  • サイクルの早い幟やスポーツアパレル
  • 消費地に近い場所、適切なタイミングで、適切な商品を投入する
  • (3)外壁だっておしゃれにプリント‐建築業界
  • マイホームの外壁を「印刷」する
  • 主流の窯業系サイディングをインクジェットで
  • 外壁を「毛織物風」に
第3章 2次元から3次元の印刷へ
  • (1)思い出も工芸品も、まるごと復元‐アート、工芸
  • あらゆる商品は大量の模型づくりからはじまる
  • 多彩な3Dプリンター
  • 工芸品や美術品のレプリカをプリンターでつくる
  • コンペ直前にプリンターで模型づくり
  • 3Dプリンターを使った新しいビジネス
  • (2)紙のように薄いハイテク機器‐エレクトロニクス
  • テレビの液晶画面は印刷物?
  • 紙にセンサーやアンテナを印刷
  • 印刷したセンサーでネットワークをつくる
  • 電子機器の要、トランジスタ
  • 有機物でトランジスタをつくる
  • アモルファスシリコン以上の速度を実現する有機トランジスタ
  • 丸められるディスプレイやロボット用人口皮膚
  • 必要な機械はコンピュータとプリンターだけ
  • (3)スリム化する重工業‐鋳物
  • 紀元前約4000年にさかのぼる鋳造の歴史
  • 鋳物ができるまで
  • 日本における鋳造業の問題点
  • 自動車業界の3D化
  • 積層工法へのチャレンジ
  • 量産プロセスにも積層工法を導入
  • 設計情報を上流から下流へデジタルのまま流す
第4章 モノから医療へ
  • 錠剤にインクジェットで印刷する
  • 遺伝子診断のカギとなるDNAチップ
  • 血液型のように気軽に遺伝子型を調べる
  • 電子タトゥーで患者の様子をモニタリング
  • オーダーメイドの骨をつくる
  • 生きた細胞で組織をつくる
  • 機械式から細胞式の人工心臓へ
  • 細胞をプリンターで打ち出す
  • 細胞をゲルのビーズに閉じ込める
  • 細胞でチューブ状の構造物をつくる
  • iPS細胞だけでは人工臓器はできない
  • さまざまな細胞を組み合わせて組織をつくる
終章 インクジェットで未来はどう変わるのか?
  • 印刷物を個別に大量に刷るという考え方
  • 既製品でなくオーダーメイドでモノを買う
  • デジタル技術でよみがえる製造業
  • インクジェット技術の光と影
  • アトムがビットに近づいていく
  • リソース最適化の進んだ世界はユートピアではない
おわりに インクジェットデジタルものづくり革命
主要参考文献

ご注文は下記アマゾンよりお願いします。尚、直接弊社での販売はしておりませんのでご了承ください。

本の注文はこちら


技術講演のご依頼はこちら

公的な講演に関してましては、無償で対応させていただきます。
(但し、交通費・宿泊費のみ実費分のご負担をお願いしております。)



ご相談・お問い合わせ先:株式会社マイクロジェット 技術営業グループ

▲ページの先頭に戻る